風俗を存分に楽しむ

究極というほどではないんですが微乳かな

「究極」と言うには少し大げさかもしれないんですけど、感度だけで考えるのであればやっぱり微乳風俗嬢がいいのかなって思いますけどね。微乳ってだけで選択肢にさえ入らないって人もいると思うんですけど、でも微乳は感度だけで考えるのであれば決して分からなくはないんですよね。なぜなら、感度重視であれば微乳こそ指名すべき相手だからです。微乳風俗嬢って、基本的に感度が良い…というか、感度が悪かったら選ぶ理由が無くなってしまうんじゃないかなと(笑)小さいのが好きだって人もいるかもしれないんですけど、小さいよりも、個人的には大きい方が好きです。そして、きっと世の中の多くの人が微乳よりも巨乳の方が好きでしょう。でも、感度となれば話が変わってくるんですよね。微乳ではあっても素晴らしい感度であれば、それはそれで何も問題ないかなって思いもあるんですよ(笑)だから感度を選ぶか、それとも胸を選ぶか。その意味では究極の選択肢ですよね(笑)

文化の問題もありますよ

「文化」と呼ぶには大袈裟なのかもしれないんですけど、自分の性に対するイメージによってもまた、風俗の楽しみ方が変わるんじゃないかなって思いますね。これは自分がそうだったんですけど、まだまだ閉鎖的だった時には、やっぱり風俗って隠れて利用するものだなってイメージを持っていたんですよね。別に悪いことをしている訳ではないものの、人前で大っぴらに言うようなものではないって気持ちが強かったんですよ。でも、最近は別にそういったこともオープンで話せるようになってきたのもあって、それならそれでいろいろなことを楽しめるんじゃないかなって思うし、それに友人同士で風俗の話をすることも増えているんですよ。それならもっともっといろいろな事を話せるなって(笑)そこでの情報収取を元に、次はどの風俗にしようかなと考えることもあるので、こうして時代と共に、風俗の立ち位置もまた、変わっていくものなのかもしれないなってしみじみ思うんですよ。